So-net無料ブログ作成
スポンサードリンク

テレパシー時代到来!?ハーバード大で仏印間6500kmやりとり成功!!

テクノロジーイメージ.jpg

テレパシー時代到来!?ハーバード大で仏印間6500kmやりとり成功!!

テレパシーを使ってコミュニケーションをとったり機械を動かしたりする

SFのような世界が現実となってきました。

テレパシー技術についての驚くべき報道内容


9月4日付けのフランス通信や5日付けの英紙デーリー・テレグラフなど、

欧米メディアが一斉に伝えた内容が驚くべきものでした。


スポンサードリンク





それは、

「アメリカのハーバード大学の研究チームが、約4000マイル(6437キロメートル)

離れたインドのムンバイとフランスのパリにいる人同士が、心に思ったメッセージを直接、

接触することなく相手に伝える実験に世界で初めて成功した。」

というものです。

実験内容は、

まずインドとフランスにいる2人に、インターネットにつながる脳波図計測器を

搭載したヘッドセットを装着してもらいます。

そして、「こんにちは」というような簡単なあいさつの言葉を思い浮かべてもらいます。

すると、2人が思い浮かべたその言葉をコンピューターが1と0で表す2進コードに変換し、

そのデータがインドからフランスへ電子メールで送信され、

ロボットを介して相手に届いたようです。

その際、相手からの言葉が耳で聞こえたり、目で見えたりはしませんでしたが、

特殊な方法で脳を刺激したことによって、メッセージに対応する光の点滅を感じ、

正しく伝えることができたといいます。

驚きました。

メールやLINE、skypeは定着した技術になっていますが、

次世代は、『念じるだけ』『思っただけ』すなわち、テレパシーが定番となるかもしれません。


スポンサードリンク





日本企業のテレパシー技術開発


日本の企業でもテレパシーの開発が進んでいます。

積水ハウスは島津製作所、NTTとスマートハウスの次の形態として、

考えるだけで車いすを動かしたり家電を操作したりできる住宅の開発を進めています。

居住者の頭部にセンサーを取り付けて脳波の変化をコンピュータ-に送信し

指令を出す仕組みです。

戸建ての壁や天井に赤外線や天井や超音波などの各種センサーを埋め込み、

電動車いすの移動や、テレビエアコンの電源操作に対応できるようです。

脳で指令を出してから6~13秒ほどで応答。

指令通りに操作できる確率は70~80%のようです。

2020年前後の実用化を目指しているそうです。

スマホと連動して、家電が動くというのは今じゃ当たり前になっていますから、

次世代技術として住宅業界もテレパシーの研究を進めているようです。

今後の予想


今回の研究発表を報道した欧米のメディアでは、

これからの50年は過去の50年とは比べものにならないほどの速度で技術革新が進み、

SFや漫画の世界だけのものと思われていた技術が現実のものになる

との意見で一致しています。

通信手段は、電話、メールを介していたものから、

テレパシーで相手に伝えるというものになり、

身の回りの製品とはテレパシーでつながり、念じるだけで操作をするということが、

可能になりそうです。

障害をもった方や年配の方の暮らしが今よりもだいぶ楽になるんじゃないでしょうか。

ただ、技術が進んでも、操る人間のほうがついていけないとダメですけど。

まぁ、その点も取説を読むのではなくて、テレパシーで簡単に伝え合えればいいですね。


こちらの記事もどうぞ→『シャープの新スマホに搭載エモパー(ココロエンジン)とは!?』


スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0)  [編集]
励みになりますのでクリックをお願いいたします。
にほんブログ村 ニュースブログ 話題のニュースへ
にほんブログ村

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © コミュ障サラリーマンが世界を知る All Rights Reserved.
当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます